大切な方に。お歳暮を贈る正しい時期とは? | ギフト・贈り物に使える高級ジュース専門店【山梨果実オンラインショップ】

2019/11/25 11:47

お歳暮は1年間お世話になった方々に対して感謝の気持ちを込め、言葉通り、年の暮れに贈ります。

しかし、年末の忙しさに追われて準備を忘れ、年の暮れになってから焦って準備をする方も多いのではないでしょうか。

そんな方々のために余裕を持って準備しようと思っている方のために、お歳暮を贈る時期や選び方をご紹介します。

お歳暮を贈る時期はいつが適切でしょうか。お歳暮は本来、1213日~1220日までに贈るべきと言われています。 

1213日は「正月事始めの日」で、正月の準備を始める日です。20日までにお歳暮を贈るべき理由は、一説には20日以降はどの家庭も年越しの準備で慌ただしくなるためであると言われています。

しかし、現在では11月のうちからお歳暮の準備を始め、11月末に発送する方も増えているようです。お歳暮ギフトを取り扱うデパートなどで早期割引を実施している影響もあるかもしれません。

1213日~1220日までにお歳暮を贈ることが一般的ですが、関東と関西ではお歳暮を贈る時期の目安が若干異なります。

関東では12月初旬~1231日まで、関西では正月事始めの1213日~1231日までに届けば問題ありません。

関東・関西どちらも1231日までに届けば問題ありませんが、夫婦どちらかの実家、または海外で年越しする方もいます。

そのため、お歳暮が届く時期があまり遅くなると迷惑になる可能性もあります。

やはり、地方を問わず1220日ごろまでに届くように手配する方が無難ではないでしょうか。